FC2ブログ
07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

カレンダー(月別)

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

霊獣ランドがネコバスにしか見えない←これスカランドの育成論 

らんどろすれいじゅう
よく霊獣ランドがつおいつおい^q^って言われてるけど、私はそこまでこいつが優遇されてるとは思ってない。
むしろ種族値足りてないって思ってます。
まあ強いですけど。

あ、ちなみに今回はスカランドの考察です。

種族値足りないって言った理由は、まず意地っ張りだとスカーフ持たせても最速1kskバシャを抜けないという点。
せっかくランドロスにスカーフ巻くんだから、ここまでSを伸ばしておきたい。
っこまで振ればバシャとの偶発対面ないし氏に出しから相手を2連守るに追い込むことが出来るので、嫌がってたとえめざ氷を持っていても逃げてくれることが多い。


んで意地っ張りだとたしかS252で142だったかな?でギリS145にたどりつかない。

次に、陽気だとカイリューをトンボ+逆鱗で確定とA200ガブの逆鱗2耐えを両立出来ない点。
結論から言えば陽気だと火力が不足気味でA252してやっとひとつ乱数切りカイリュー確定ってところ。
残りをBに振るとA200ガブが56%の中乱数2になってしまう。

ここらへんから、
砂耐性、威嚇、ガブへのタイマン性能、1kskバシャ、
こういう持たせたい役割、持てる役割を全部は両立出来ない。
よって種族値足りてないってなる。

だからPTに合わせて持たせる役割と切り捨てる役割はっきり決めていかないとスカランドは厳しいよってとこですね。

てなわけでさんざんdisったあげく自分なりに妥協した配分を。

①A200ガブの2耐えを妥協、1kskバシャ抜き確保
B84-A252-S172↑
A:マルスケ込トンボ+マルスケなし逆鱗でH4カイリューが高乱数、無振りガブもトンボ+逆鱗で同上
HB:A182ガブのスカーフ逆鱗2耐え、意地っぱガブは中乱数なのであてにならない
S:バシャ+1の146

ぶっちゃけ現環境スカガブの個体数も性格もようわからんけど、陽気ガブがいっぱいいるならこれがベストな振り方だろうね。

②1kskバシャ抜き妥協、A200ガブの逆鱗2耐え確保
H4-A116↑ーB140-D4-S244
A:トンボ+逆鱗でH4カイリューひとつ乱数切り確定、A182ガブの地震2耐えハッサムを地震で確定2
HB:A200ガブの逆鱗を97%で2耐え
S:余り(確か141)

Sはあまり振っただけなので、最速スカバンギ抜き抜きまで見るS116振りで止めてA236振りとぶっぱしてもいいかもしれない。
ちなみにA236振りで丁度桂馬ボルトを確定1、要するにA182エッジ耐えを確定で崩すことが出来ます。あとAぶっぱしてもH189-B116カイリューをトンボ+逆鱗では68.8%の乱1までにしかならない。まあそこまでの火力は高望みってことですねー。後続の先制技と合わせて調整した方がよさげ。
個人的にこれ推し。A236降ったやつを愛用してます。



③こうなったら準速100族抜き
H4-A132-B140-S228↑
HB:A200ガブの(ry
S:準速100族の1舞いボーマンダやガモス抜き
A:余り(A182になるのでスカガブと同じ値)

いまどきいるかわからんけどとりあえずこいつで抜ける分で想定出来るだけsを上げてみた。
H4カイリューは50%の乱数。

まあたぶんAはせっかくだからA182ガブの地震2耐えを崩せる197あたりまで確保したいとこ。

おまけ
ろーぶしん
力づくと珠で火力オーバーキルだし耐久にガッツリ振ってみた。

H132-A64-B60-D252↑
HB:A204鉢巻逆鱗をひとつ乱数切り確定耐え
HD:C182メガネ流星が同上
A:H4カイリューを珠冷p+マッパで75%で確定、ラティを珠冷pで確定
実数値:197-168-123-×ー128-65

まさかの慎重Dぶっぱ。
なんぞこれ。

でも普通に強そうだから困る。

おまけ



これ聞いて、

ピタゴラスイッチ、やる気のないダースベイダーのテーマで有名な栗コーダーカルテット思い出したのは俺だけじゃないハズ。
関連記事
スポンサーサイト
ポケモン育成論の関連記事

category: ポケモン育成論

tag: 個別ポケモン考察 
Posted on 2012/08/03 Fri. 10:57  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://145914.blog.fc2.com/tb.php/152-cbb56818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。