03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

カレンダー(月別)

03 ≪│2013/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

火炎玉ヘラの配分@単体考察 

へらくろす
なんか単体考察はすっごいひさびさな気がします。

どうもNぷらす1です。部活やテストも始まって忙しい今日この頃。
こっちでも、入学おめでとう、なんてありがたいコメント頂いてたり^^

最近自分の中で評価のあがってるヘラを布教しときます。
まあ最近ってほどじゃないかも。

H4A252S252↑@火炎玉orどくどくだま

配分も型も割とテンプレ。徹底攻略にだってけっこう前からある育成論ですね。

その割に、検索かけてもあまりいい考察がひっかからなかったから自分なりに書いてみた。

まずこいつを現環境で採用する一番の理由はやはり
くれせりあ
こいつでしょ。
クレセ意識しないならそれこそブシンでやれって話なのでね。

こいつがそこらの格闘と違うのはなんといっても独特の耐性と範囲にある。
まず格闘耐性
これけっこう重要で、ブシンのマッパ読みあたりで降臨できれば
半減マッパ→ (☞三☟´◔ ‸◔`)☝三ゴッゴッかえんだま→無双
なんてことも比較的容易にできる。
ようするに重要な点は、ブシンに薄くならずに採用できるってこと。対ガッサについてもしかり。
逆に仇となるのが、岩半減でないということ。
これのせいでせっかく有利なバンギに、安易に投げることができない。
またPT単位の話だと岩の一貫性が出来てしまうので、もう一枚鋼あたりを入れることになる。

次に状態異常耐性
これはでかい。現環境で絶賛流行中のガッサを、比較的簡単に対策できる。しかも汎用性が高い。
ブシンみたく寝言の技スペや型変更に悩まされにくいってのもある意味長所・・・なのか?

あと地面耐性もあるんだけど、
マンムーのつらら5HITでほぼ死にかけるから、半減読み以外では後出しはちょいと厳しい。

そしてヘラを採用する一番の理由は、
定番の組み合わせに強いというのがひとつあると私は思う。

そのヒケツは虫技+格闘技という攻撃範囲。
要するに、格闘メタにほとんど抜群を取ってしまうから、鋼or岩なんかを軸にした足が遅めの組み合わせにとことん強い。
具体的には一時期はやったクレセドランとか。
あと
ばんぎらすろーぶしん

くれせりあろーぶしん
最近よく見るこういった並びにも強い。
バンギローブはブシンの格闘技読みあたりで、クレセローブはクレセにヘラを合わせれば一気にサイクルを崩壊できる。また、仮に三日月の舞+トリルをされたとしても、ブシンのメインを半減で受けれるため比較的有利。

とまあこんなことつらつら書いてきたけど、要するに自分がヘラ好きなだけです。
もちろん型バレした瞬間にラティやガモスといった強力な特殊アタッカーに縛られてしまうので、そこらへんをしっかり固めていかないと厳しい。またサイクルにも参加しづらいし場持ちも決してよくないから、出せるときに出して出来るだけ負担かけてくって感じになる。

あとこいつ出したときにクレセやヤドランが引く確率が体感100%ね。いかんせん何度も出しづらいから、交代読みのエッジやインファがだいぶ試合を左右します。

まあ総括しても、この手のポケモンにしては比較的後出しがしやすいキャラだと思います。
使うとその火力と範囲にあなたも絶対はまるはず。

細かい計算等は徹底攻略さんはじめ多くの方がやってますので、
ここであえて書く必要はないと思います(要するにggeks)
                     ※大変不適切な表現がありましたことを以下略

おまけ

クッソワロタwww
関連記事
スポンサーサイト
ポケモン育成論の関連記事

category: ポケモン育成論

Posted on 2013/04/25 Thu. 19:48  edit  |  tb: 0   cm: 0  

カイリューの神速とジバコのボルチェンについて@ちょいと考察 

なんかはよ書かないとまた失踪したとか思われそうなので;

どうもどうもNぷらす1です。なんかミュウツーの逆襲がHD画質で再放送されるようですねえーうちでは写りませんが;;

まだカイリュージバコ軸が煮詰まりきったわけじゃないんですが、とりあえず今出来ているところまでだけ。

かいりゅーじばこいる
いつかも言ったけど、基本はジバコのボルチェン+神速で縛る。
問題はどこまで縛るかっていう話。

一応今回目安としたのが、
ボルチェン+神速でラティ確定
ボルチェン+逆鱗+逆鱗でクレセ突破
のふたつ。

ぶっちゃけやりすぎ感もあるけど、
このコンビだからこそ出来る夢の超火力を目指してみた。

まずA204カイリューの鉢巻神速が、
H4ラティに92~109ダメージ。んで残りが47~64ね。

これをジバコのメガネ+アナライズボルチェンで削りきるためには、実数値でC182が必要。
努力値にして補正あり124振り。これで52~64となり、要請を満たすってわけ。
ちなみに116振りに落とすと~63になる。

んでこれをH227-B177-D151クレセにぶつけてみると、
ボルチェン: 93~111
逆鱗:118~139→2発で236~278
合計:329~389
227+月光1回=340なので、まあまずまずの乱数で落とせることがわかる。
ちなみに想定したクレセは特化珠バシャのフレドラ2耐えした個体。

で、残りはジバコの努力値だけど、
この配分により、一度でもラティにボルチェンを当てることが出来れば神速で縛れるので、
何度もラティに後出しすることを考慮する必要はないということになる。
よって、とりあえずH236振り確保。
狙い目は珠流星を下降なし2耐え、これは要するに珠流星+C↓↓めざ炎耐えとおんなじ。
これは同時にメガネ流星2連耐えも満たすから、最低限の繰り出し性能は保証されてるってことになる。
これをやるにはH236D132振り。
残りをBに回すと、12振れる。まあめざ氷だから4無駄になるんだけど。
これでなんということでしょう、カイリューの鉢巻逆鱗が2耐え(ほぼ)出来るじゃありませんか
フォオオオオオオオオ(☞三☞´◔‿ゝ◔`)☞三☞
てなわけで、

H236B8C128↑D132@メガネ
HD:珠ラティの流星群+C↓↓めざ炎耐え
C:ラティをボルチェン+A204神速で確定
B:残り(A204鉢巻逆鱗ほぼ2耐え程度)

こんな感じですね。

パーティ単位での配分はまた今度。

おまけ


隠れた良アレンジ集ーー!てなわけで。
いやはや、素晴らしい企画でした。何個かこのサイトで紹介したものもありますね。
なんだか、「あー、そういやこれあったな」と懐かしくなったりこんなマイナーなアレンジ紹介した俺やっぱtueeeとかひそかに思ったり

おまけ

春休み中に単発で何個か動画あげてたんで、ここに貼っときます。




なんか私の好みがわかってしまいそうなw

それから最後に、私がさぼってない証明として、作業風景のスクショ置いときます。
http://blog-imgs-60.fc2.com/1/4/5/145914/2013-04-15_205931.png

まあみたわかるように西洋音楽史のゆっくり解説つくってます。
終わる気配がしない・・・←本音
関連記事
報告・お知らせとか雑記の関連記事

category: 報告・お知らせとか雑記

Posted on 2013/04/15 Mon. 21:08  edit  |  tb: 0   cm: 0  

更新したら撒け 

o0308032012164821199.gif
※上記の広告は一カ月以上以下略

↑一度このネタやってみたかったんですよねーw

どもNぷらす1です。またずいぶんと間が空きましたねぇ・・・
春休みはポケモンに浸れる!・・・と思いきや、ずっと勉強なり動画編集なりでさっぱり時間がとれませんでした。
メドレーばっかじゃなくて、たまにはなんかつくんないとなーてなわけで、今ゆっくり解説動画をつくってるんですけどこれが長い長い・・・
さすがにモチベが落っこちてきた今日この頃です。
そんな時、こんな神ツールが!!



でもこれ、動画編集途中のファイルには向かないんですよねーてなわけで。

まあこっちもぼちぼちやっていくことにします。ぼちぼちね。
さて、私もめでたく今学期は高校一年生です。だからちょっと気合い入れてます。
だからしばらくは勉強優先の方針でいくことにしたいです。

というか、イバンがないから回そうにも回せないんですけど・・・


書きたいこともまだあるけど、今日は歯医者行くのでここらへんで。また明日書きます

おまけ


ミュウツーがさらに持ち運びしやすくなって新登場!!
関連記事
未分類の関連記事

category: 未分類

Posted on 2013/04/10 Wed. 16:55  edit  |  tb: 0   cm: 1  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。