09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

火炎玉ヘラの配分@単体考察 

へらくろす
なんか単体考察はすっごいひさびさな気がします。

どうもNぷらす1です。部活やテストも始まって忙しい今日この頃。
こっちでも、入学おめでとう、なんてありがたいコメント頂いてたり^^

最近自分の中で評価のあがってるヘラを布教しときます。
まあ最近ってほどじゃないかも。

H4A252S252↑@火炎玉orどくどくだま

配分も型も割とテンプレ。徹底攻略にだってけっこう前からある育成論ですね。

その割に、検索かけてもあまりいい考察がひっかからなかったから自分なりに書いてみた。

まずこいつを現環境で採用する一番の理由はやはり
くれせりあ
こいつでしょ。
クレセ意識しないならそれこそブシンでやれって話なのでね。

こいつがそこらの格闘と違うのはなんといっても独特の耐性と範囲にある。
まず格闘耐性
これけっこう重要で、ブシンのマッパ読みあたりで降臨できれば
半減マッパ→ (☞三☟´◔ ‸◔`)☝三ゴッゴッかえんだま→無双
なんてことも比較的容易にできる。
ようするに重要な点は、ブシンに薄くならずに採用できるってこと。対ガッサについてもしかり。
逆に仇となるのが、岩半減でないということ。
これのせいでせっかく有利なバンギに、安易に投げることができない。
またPT単位の話だと岩の一貫性が出来てしまうので、もう一枚鋼あたりを入れることになる。

次に状態異常耐性
これはでかい。現環境で絶賛流行中のガッサを、比較的簡単に対策できる。しかも汎用性が高い。
ブシンみたく寝言の技スペや型変更に悩まされにくいってのもある意味長所・・・なのか?

あと地面耐性もあるんだけど、
マンムーのつらら5HITでほぼ死にかけるから、半減読み以外では後出しはちょいと厳しい。

そしてヘラを採用する一番の理由は、
定番の組み合わせに強いというのがひとつあると私は思う。

そのヒケツは虫技+格闘技という攻撃範囲。
要するに、格闘メタにほとんど抜群を取ってしまうから、鋼or岩なんかを軸にした足が遅めの組み合わせにとことん強い。
具体的には一時期はやったクレセドランとか。
あと
ばんぎらすろーぶしん

くれせりあろーぶしん
最近よく見るこういった並びにも強い。
バンギローブはブシンの格闘技読みあたりで、クレセローブはクレセにヘラを合わせれば一気にサイクルを崩壊できる。また、仮に三日月の舞+トリルをされたとしても、ブシンのメインを半減で受けれるため比較的有利。

とまあこんなことつらつら書いてきたけど、要するに自分がヘラ好きなだけです。
もちろん型バレした瞬間にラティやガモスといった強力な特殊アタッカーに縛られてしまうので、そこらへんをしっかり固めていかないと厳しい。またサイクルにも参加しづらいし場持ちも決してよくないから、出せるときに出して出来るだけ負担かけてくって感じになる。

あとこいつ出したときにクレセやヤドランが引く確率が体感100%ね。いかんせん何度も出しづらいから、交代読みのエッジやインファがだいぶ試合を左右します。

まあ総括しても、この手のポケモンにしては比較的後出しがしやすいキャラだと思います。
使うとその火力と範囲にあなたも絶対はまるはず。

細かい計算等は徹底攻略さんはじめ多くの方がやってますので、
ここであえて書く必要はないと思います(要するにggeks)
                     ※大変不適切な表現がありましたことを以下略

おまけ

クッソワロタwww
スポンサーサイト

category: ポケモン育成論

Posted on 2013/04/25 Thu. 19:48  edit  |  tb: 0   cm: 0  

トノとブシンの配分 

「今週中には記事上げますので」←必死

「今 週 中 に は 記 事 上 げ ま す の で」←フラグ

そして昨日の来場者数が・・・196人。

196人の来場者「うわ、Nぷらす1の更新頻度、低すぎ・・・?(年収で悩むあなたに)」

うわああほんっと申し訳ありません!えっとですね、言い訳させてもらうと今週は兄の合格発表と、クラスで謝恩会の練習と、あとそれから・・・というふうにいろいろ重なって忙しかったんです

まあこんなこと書いても私の更新頻度があがることはないと自覚しているのでこれ以上書きません。



そんなこんなでひさびさの更新はブシンの話です。
今更語ることなんて?いやいやありますよこれが。

まずブシンといえば、優秀な物理耐久、さらに優秀な火力、あと自己回復技に加え先制技も持っているというゲーフリにやたら優遇されてますよね。
ろーぶしん


こいつがそこらと違う点は水タイプに打点を持てる格闘タイプというのがひとつある。
なんせスイクンヤドランで受けられないんですからねぇ。これは強い。
ガッサもこの点だけみると傾向は同じ。

ブシンというか処理がしにくいいわゆる強いポケモンって、
・等倍が取れやすい高火力メインウェポン
・補完が効いていて、かつ火力も十分な広範囲サブウェポン
これがそろっているのが条件だと思う

・・・でっていう。
ただそう考えるとブシンってすごい優秀ですよね。

まあそれはいいんですよ。でも僕は珠だとガリガリ減っていって場持ちが悪いのがちょっと気になるんですよね。

そんなことで達人の帯でも持たせてみようと「ブシン 帯 配分」
これでググってみた。
するとなんと達人の帯じゃなくて黒帯ばっかがひっかかったんですよね。
んで調べてみると、鉄の拳@プレートローブなんてのがいるらしい。

http://d.hatena.ne.jp/pk_syu/20121121/1353484491
参考までにURL載せておくけど、
どうやら鉄の拳気合いパンチを身代わりからぶっぱする型みたい。

当たり前だが「鉄の拳」だとか「力づく」だとかいった技の威力に掛け算する特性は、技の威力が高いほど伸び幅もでかいわけで、
気合いパンチをブシンがやれば・・・っていう話。

ダメージ計算をひる氏のブログ(上のURL参照)からお借りさせて頂くと、

補正ありA204振りのプレート気合いp+マッパで、
・155-101ラティオス確定
・H252B140振りまでのスイクンを確定
・H185-B81までのウルガモスを確定
・B特化ハッサムを確定
という感じ。
自分もいろいろ計算してみたけどラティを気合いpとマッパで縛るにはこれくらい必要みたいですね。
ただこれよーく考えると、
等倍気合いp=抜群三色p
というわけなので、
読みがうまいひとならあえて気合いpに頼る必要はないんですよね。

ただこの技の利点は、
・ガモスの起点にならない
・ボルトラティを半減でも削り取るので身代わり貼れたら思考停止で打てる
という点。
ただし「身代わりを貼るタイミング=交代読み」なので
後者のメリットはあんましないかもしれない。あったとしてもまれ。

それより注目すべきはブシンに身代わりは悪くないんではないかという点。
先制身代わりで根性でなくても安全にあくびをスカできるし、受けループ相手に流し際に身代わりを貼れればムドーにも勝機がある。
身代わり入れる際の選択肢のひとつとして気合いpはありかなーと思いました。
気が向いたら育成してみようと思いますね

ううむー・・けっこう考えたんですが内容薄くなっちゃいましたねw
というわけでもう一発配分。

にょろとの
H76B252↑C140S20@ゴツメ

HB:204カイリューの鉢巻逆鱗耐え
C:グドラのメガネ流星耐えまでのカイリューを冷凍Bで確定、ラティの流星耐えのやつは低乱数
  テンプレ珠持ちローブシンを雨ハイポン+ゴツメ+珠ダメで確定(ドレパンの回復非考慮、HP満タン想定)
S:4振り70族抜き抜き

スタンパにトノを採用する際に、スカーフ以外になんとか役割を持たせようと思って育成した個体。
ブシンを珠持ち限定ではあるけれど後出しから狩れて、耐久の薄いカイリューにタイマンから勝てる。
冷凍ビを吹雪にすればカイリューは普通に倒せるんだけどまあ冷凍安定かな

おまけ


いやあ、ひさびさにハイクオリティな手書きMADを見ましたよー。
そしてこの「マーメイド」って曲。これ個人的に大好きな曲なんですよね。
一度見て下さい。

それと貼り忘れてた新年に投稿した動画を宣伝しときます



垢ない人用

今回はちょっとマイナーなのを集めてみた。
ボカロのいいところって、プロと違って「売れる」曲というのに拘らなくていいから個性的な作品が多いんですよねー。
というより好きなプロデューサーの曲ばっか集めたメドレーとしてもいい出来になってるかな。
こういう世界ってはまるとほんと面白いですよ。みなさんもちょっとでいいから再生してみてくださいな。

category: ポケモン育成論

Posted on 2013/03/11 Mon. 23:12  edit  |  tb: 0   cm: 0  

カイリューの対策を一生懸命考えてみた 

<検索の釣り堀> マルスケカイリュー 対策 マルチスケイルカイリュー 調整

ずっと放置してたけど「カイリュー 対策」でググって一番上に出てきたのでビビって修正してみた。

いやあ、にわか臭がプンプンしてましたからねえw

かいりゅー


もはや語るまでもない現環境のトップメタ・・・といってもいいぐらい。
こいつの登場により今まで物理竜枠の代名詞であったガブリアスにも採用理由が必要となったり。

そもそも今に至ってBW2が発売されてもなおこいつが環境のトップに居続けて、使用率も高いのは、なんといってもタイマンでほとんどのポケモンに勝てること。

アーケオスのジュエル諸刃レベルでないと落とせない化け物じみた耐久だけでなくガブの鉢巻逆鱗耐えを75%で崩せるA204鉢巻逆鱗と火力もえげつないので後出しから完璧に処理しきるのが非常に困難。
さらにドラゴンの中では非常に珍しい先制技使いで、しかもそれが超優秀技である神速を覚える。
神速によってもともと非常に高いタイマン性能がさらに強化され、縛り性能が高くて入れるだけでバシャやガモスといった抜きgへの強い牽制になる・・・というチート盛りだくさんなポケモン。
エースとしてもスタン構築でガモスバシャ対策枠としても組み込めるというのも使用率が高い理由ですね。

・・・とまあこういうことで。
今になってもまだ使われ続ける理由として「明確な後出しからの対策がない」というのもあるわけです。
いや、もちろん何匹かはできるんだけれどいずれも限定的で汎用性も低い。
具体的には、
ポリ2
マルスケをトレースできるポリゴン2。
ぱるしぇん
逆鱗を耐えて先制スカーフつららばり、あるいはオボン込で2耐えして落とすスカーフパルシェン。
ちあみにこいつは同時にガブ、ハイポンを入れればテラキなんかの対策にもなるのでけっこうオススメ。詳しくは秋桜さんのブログが詳しいです。
さまよーる
あとは鬼火と眠る連打で完封できるサマヨール。

・・・とまあざっとこんくらいです。
いずれも汎用性があまり高くないため、あんまおすすめは出来ない。
というか、むしろこれらが入っていないPTがレートにはほとんどないとか、そういうのも全然なくて、むしろ入っていることの方が少ない。

じゃあみんなカイリュー対策はどうしてるのかって?
簡単な話です。「後出しから勝たなくてもいい」のです。

無理に後出しから勝とうと構築するのはPTにも負担が出ます。
いっそカイリュー来たらマルスケ潰すなりして一匹捨てて、そのあと氏に出しから処理できるような枠を用意するほうがよっぽどいいわけです。


・・・そもそもカイリューはタイマンこそ強いものの重大な欠点があるんです。
それはサイクルに参加出来ないということです。
カイリューの強さはマルスケありきなわけだから、具体的な立ち回りは

・初手で出して鉢巻逆鱗でゴリゴリ押す。(グロスでさえ逆鱗3発で落とされるので後出しからだったら処理できなかったりするwこの場合だいたいAS鉢巻。マルスケは潰されやすいからと割り切ってガッサなんかまで抜いた型。)

・相手を崩したところで氏に出しして神速抜きgならびに珠竜舞い逆鱗

のだいたいふたつ。
つまりカイリューは何度もひっこめたり繰り出したりということが出来ない、けっこう立ち回りに気を使う必要があるポケモンなのね。

(ここまで読んで、「えっ?じゃあサイクル参加出来て、ドラゴンで、バシャとガモスに強くしたいんだけど」って思ったあなた!!
ぼーまんだボーマンダを使いましょう(というステマ)
ハイポンでバンギローブも見れるからメガネマンダほんとオススメ→http://145914.blog.fc2.com/blog-entry-112.html)

・・・というわけで、だいたいわかったと思うけど、

具体的なカイリューの対策としては、カイリューを見たらまずは初手にカイリューをタイマンから落とせるポケモンを置くこと。
それで初手にカイリューがでてこなかったらひっこめて、氏に出しからカイリューが出てきたところで一枚切ってからの温存しておいた対策用のポケモンを出す・・・という感じ。

まあもちろんここらへんは読み合いだし初手にマンムーがくるのを読まれて初手ハッサムを投げられる、なんてことになる可能性ももちろんあるので、それは臨機応変に。

で、こういうことの最たる例が襷CSガブです。
がぶりあす
具体的にはA44C212S252の無邪気ガブリアス。(H12B20で鉢巻神速2耐え調整のもいる)Cはラティを流星群で確定一発調整。

このガブは死に出しから襷剣舞いで抜いていく普通の襷ASと違い、主に補完としての役割を重要視した型。

初手にカイリューが来たらタイマンから流星群で落とすし、もしカイリューが来ないときはステロを撒いて捨てるなりします。
このタイミングで、相手はガブが鉢巻かスカーフか、あるいは襷かわからないのでステロを踏ませたいカイリューやガモスを誘わない

という初手で仕事をすることを重要視したガブなんですね。
これなんてカイリューとかの台頭とともに増えていった型のひとつです(たぶん)
最近はやりのステロ襷マンムーとかもこれに近い感じですよね。

だいたい言いたいことは以上になります。
他にも、例えば雨パではトノにB方面に厚く振ってゴツメを持たせる、とか、ハッサムのゴツメを持たせてより役割重視にした型もある、とかいろいろありますけどだいたいは上の理論にまとまるのかなーと思います。
まあだいたいはマンムーでも入れとけばカイリューは見せ合いから強く牽制できるんですけどね。
いずれにしても、
「いかに早くマルスケを潰すか」
「いかに全抜きを防ぐか」
この2点に尽きます。


まあ実際は逆鱗という技が物理竜のメインウェポンである限り鋼でなんとか出来るんですけどねw

では今回はここらへんで。




おまけ


カイリュー対策として一般的なもの。

・エアームド
えあーむど
受けループはこいつがいるから成り立っているといっても過言ではないカイリュー受けの代名詞。
舞い型でも馬鹿力は通らないし炎pなら耐える。
また、頑丈のおかげで一撃技に耐性があり、ガモスやバシャに頑丈からのドリくちで狩ったりとかできるのもミソ。

・マンムー
まんむー
神速2耐えできる。
つららばりつえー。
ステロまける。
そんだけです。とりあえず襷残したタイマン性能はすごい。

・ジバコ
じばこいる
一般的ではないながらもかなり個人的にオススメなやつ。
ほぼH振りだけで逆鱗2耐えが確保でき、後出しからゴツメ+めざ氷でカイリューを狩れる。
舞い珠炎pくらいなら耐える。馬鹿力は・・・。
また高火力ボルチェンやステロ耐性等で普通にヤドラン入りの受けループなんかにも強く、ボルチェン読みで後出ししてくるランドやガブをめざ氷で吹っ飛ばしてとんボルチェンサイクルをぶち壊せるのも魅力。
入手難易度は高いけどアナライズのほうがこの型は安定するかも。

・ナットレイ
なっとれい
セルフゴツゴツメット。

炎pで逝ってしまうので主に雨パ用です。

・ヒードラン
ひーどらん
馬鹿力を搭載していないカイリューなら積ませられるポケモン。
とはいえ教え技登場でちょっと逆風です。





おまけ
なんか久しぶりのおまけですねw


これはひどい

category: ポケモン育成論

tag: 厨ポケ対策  ドラゴン対策 
Posted on 2012/09/21 Fri. 18:14  edit  |  tb: 0   cm: 2  

霊獣ランドがネコバスにしか見えない←これスカランドの育成論 

らんどろすれいじゅう
よく霊獣ランドがつおいつおい^q^って言われてるけど、私はそこまでこいつが優遇されてるとは思ってない。
むしろ種族値足りてないって思ってます。
まあ強いですけど。

あ、ちなみに今回はスカランドの考察です。

種族値足りないって言った理由は、まず意地っ張りだとスカーフ持たせても最速1kskバシャを抜けないという点。
せっかくランドロスにスカーフ巻くんだから、ここまでSを伸ばしておきたい。
っこまで振ればバシャとの偶発対面ないし氏に出しから相手を2連守るに追い込むことが出来るので、嫌がってたとえめざ氷を持っていても逃げてくれることが多い。


んで意地っ張りだとたしかS252で142だったかな?でギリS145にたどりつかない。

次に、陽気だとカイリューをトンボ+逆鱗で確定とA200ガブの逆鱗2耐えを両立出来ない点。
結論から言えば陽気だと火力が不足気味でA252してやっとひとつ乱数切りカイリュー確定ってところ。
残りをBに振るとA200ガブが56%の中乱数2になってしまう。

ここらへんから、
砂耐性、威嚇、ガブへのタイマン性能、1kskバシャ、
こういう持たせたい役割、持てる役割を全部は両立出来ない。
よって種族値足りてないってなる。

だからPTに合わせて持たせる役割と切り捨てる役割はっきり決めていかないとスカランドは厳しいよってとこですね。

てなわけでさんざんdisったあげく自分なりに妥協した配分を。

①A200ガブの2耐えを妥協、1kskバシャ抜き確保
B84-A252-S172↑
A:マルスケ込トンボ+マルスケなし逆鱗でH4カイリューが高乱数、無振りガブもトンボ+逆鱗で同上
HB:A182ガブのスカーフ逆鱗2耐え、意地っぱガブは中乱数なのであてにならない
S:バシャ+1の146

ぶっちゃけ現環境スカガブの個体数も性格もようわからんけど、陽気ガブがいっぱいいるならこれがベストな振り方だろうね。

②1kskバシャ抜き妥協、A200ガブの逆鱗2耐え確保
H4-A116↑ーB140-D4-S244
A:トンボ+逆鱗でH4カイリューひとつ乱数切り確定、A182ガブの地震2耐えハッサムを地震で確定2
HB:A200ガブの逆鱗を97%で2耐え
S:余り(確か141)

Sはあまり振っただけなので、最速スカバンギ抜き抜きまで見るS116振りで止めてA236振りとぶっぱしてもいいかもしれない。
ちなみにA236振りで丁度桂馬ボルトを確定1、要するにA182エッジ耐えを確定で崩すことが出来ます。あとAぶっぱしてもH189-B116カイリューをトンボ+逆鱗では68.8%の乱1までにしかならない。まあそこまでの火力は高望みってことですねー。後続の先制技と合わせて調整した方がよさげ。
個人的にこれ推し。A236降ったやつを愛用してます。



③こうなったら準速100族抜き
H4-A132-B140-S228↑
HB:A200ガブの(ry
S:準速100族の1舞いボーマンダやガモス抜き
A:余り(A182になるのでスカガブと同じ値)

いまどきいるかわからんけどとりあえずこいつで抜ける分で想定出来るだけsを上げてみた。
H4カイリューは50%の乱数。

まあたぶんAはせっかくだからA182ガブの地震2耐えを崩せる197あたりまで確保したいとこ。

おまけ
ろーぶしん
力づくと珠で火力オーバーキルだし耐久にガッツリ振ってみた。

H132-A64-B60-D252↑
HB:A204鉢巻逆鱗をひとつ乱数切り確定耐え
HD:C182メガネ流星が同上
A:H4カイリューを珠冷p+マッパで75%で確定、ラティを珠冷pで確定
実数値:197-168-123-×ー128-65

まさかの慎重Dぶっぱ。
なんぞこれ。

でも普通に強そうだから困る。

おまけ



これ聞いて、

ピタゴラスイッチ、やる気のないダースベイダーのテーマで有名な栗コーダーカルテット思い出したのは俺だけじゃないハズ。

category: ポケモン育成論

tag: 個別ポケモン考察 
Posted on 2012/08/03 Fri. 10:57  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ネタがない 

特に更新するネタもみつからなかったので最近考えてることでも。

マンダ軸でしばらく回してたんだけど、思いのほかカイリュー入りの雨がきつかった。

具体的にはにょろとのきんぐどらかいりゅー
この軸での選出。
最近はカイリューも馬鹿力なんてしてくるから鋼も大変です。

というかノオーは天候をいじることはできてもカイリューのマルスケがつぶれない限り根本的な解決にはならない。
よって霧状態でうまいことカイリューを「1ターン」居座らせないといけないのね。

雨パでは現実的にちょっと難しい。

雨カイリューなんてだいぶ前からいるテンプレだし対策とか立ち回りとかあがってんだろと思ってぐぐったらあんまり参考になるのがなかったんで、自分で今更ながらつらつらと当たり前のことを書いてく。


というわけで雨カイリューは

・トノをなんとかして先に落としてから天候を変える
・ゴツメなりで積極的にマルスケを潰す

ということをしないとなんとかならない気がしてきた。

あんまりカイリューカイリューしすぎてもニョログドラももちろん強烈な突破力を持っているしダメージレースで撒けるとそれこそ神速抜きgにされてしまいます。

まあナット入れたらだいたいここら辺は解決するんだけども。

今回は鋼枠にグロスを入れたかったのでナットレイ抜きで考えてみた。

おののくす あーけおす がぶりあす

ぱっと思いつくのはここあたり。
型破り逆鱗とかジュエル諸刃。あとはサメ肌+襷。

どちらもカイリューを一撃で突破出来、また後続を後出しから投げようとするとトノはもちろん、鋼にも少なからず負担をかけられる。
要するに、「カイリューとの対面から一匹持っていく」というのが狙い。

アーケオスは熱風を習得したので、雨下でなければナットレイをジュエル諸刃+無振り熱風で持ってけるらしい。

またオノノクスは鉢巻馬鹿力でナットを突破出来て、鉢巻逆鱗だとハッサム程度ならゴリ押しで強引に確定2発に出来る。(オボンは無理だけど;)

夢ガブリアスは舞カイリューや襷テラキオンまで単体で見れる神ポケ。たぶんこの中では一番安定するかな。
たぶん後ろにハッサムとかがいると安易に逆鱗打てないのでいわゆる「無邪気ACSガブ」になると思う。


・・・とまあいろいろ考えたけどたぶん現実はもっと厳しい。
とりあえずアーケオスに諸刃遺伝させてみた。

3匹とも教え技と新特性で個人的に評価はあがってるポケモン。
いずれしっかり煮詰めていきたい。

最近の雨パはマンムーや霊獣ボルトが入った構築がぼちぼちでてきましたね。
バシャのフレドラを受かる夢マンムーはやばい。

マンムーはドラゴンや鋼を牽制しながらステロまいていけるってのは考えても強いってわかりますよねー。

ここらへんがしばらくは環境の主軸持っていきそうです。

おまけ

ゆくしー
雨パで初手に出てくるマンムーには先制挑発でステロを封じ、
カイリューには鉢巻逆鱗を耐えてゴツメ+冷凍p2回で狩るなり出来る。
カイリューとマンムー両方に仕事が出来るという点で自分の中では評価があがってるポケモン。
何気に教え技でイカサマを習得しました。これがちょっと面白いですw
鉢巻イカサマでA204カイリューがマルスケなければぴったし確定2というwwまあネタですけどw

イカサマをうまく使えるポケモンいないかな(・・

おまけ

ランキング5位wwwなぜ今頃あがったしw


↑またつくったそうなので貼ってみた。上のニコ割が面白いのでニコニコブラウザでどうぞ。

category: ポケモン育成論

tag: 厨ポケ対策 
Posted on 2012/07/25 Wed. 12:29  edit  |  tb: 0   cm: 0  

キノガッサ「いつから私がポイヒと錯覚していた?」@ハチマキノガッサ 

きのがっさ
みんな大好きキノガッサ。
胞子大好きキノガッサ。
切断イヤイヤキノガッサ。

ポケモン界で「S134以下は低速」という重要なラインを定めるに至ったポケモンであり、また技スペ余った時にとりあえず入れられる「寝言」というのもだいたいこいつのせいっていう第3世代登場以来ポケモン界に与えた影響がとにかくすさまじいポケモン。

とはいうものの今回考察するのはテクニシャン、それも鉢巻とかいう沸いたものです。

というか原案はツイッターで

ガッサのテクニ鉢巻ローキックでラティオスが確 定 2 発
というのを知って「tueeee」って思ったからです。

実際ハッサムと同じ火力の鉢巻マッパできるし。

・鉢巻マッハパンチで189-118ガブに46%~54.4%
とまあ中乱数2発。
ローキックに至っては68.2%~80.9%というガブリアスに打ったとは思えないすげえダメージが出る。

ただ勘違いしてはいけないのは、ハッサムはあの耐性とそこそこの耐久があってあの火力だから鉢巻でタイマン強いわけで、
決して耐久ないガッサさんだとちょろっとショボいマッパ入れただけで終わってしまってお荷物ということも考えられる。

実際ローキックでラティオス確定2にしようと思うとA特化なわけでSは122とバンギにも抜かれる低速。

耐久振ろうにもローキック後ラティ抜くにはS119が必要で実はガッサだとけっこうギリギリなんですよね。

試しにA252S228B28っていうのを考えたら
「陽気ガブのもとものなし逆鱗で87.4%~104.4%」っていうそこそこな低乱数で耐えることがわかった。

ただスカーフならばやはり抜けないわけで。

壁貼るなりして上手に扱っていきたいですね。

結論としては、正直この火力はすごい魅力だけど「ローキックでラティ確定2」だけじゃネタだなあと思った。
入れるなら壁パだと思う。


ちなみに計算しててわかったことだけど、
A特化持ち物なしタネ爆弾でB特化ヤドランがぴったし確定1。

ラキヤドを正面から突破できるぜ!

・・・まあムドーとかいろいろキツいけれどね・・。

おまけ

ゲチタルト崩壊。



ゲーチスさんはネタにされすぎww





ちなみに私も前から言ってたエフェクトまとめ動画あげましたので報告しておきます。


再生数稼げよ()


↓アカウントない人用


category: ポケモン育成論

tag: 個別ポケモン考察 
Posted on 2012/07/15 Sun. 01:14  edit  |  tb: 0   cm: 0  

マンダ+ノオー+グロス 

ぼーまんだゆきのおーめたぐろす

マンダを使いたいなあと思って考えてた組み合わせ。
構築としてはもともとの発想はマンダ+バンギの形です。

具体的には雨に対するアドバンテージ。
先発でニョロトノとマンダで対面したらマンダは流星一撃でトノをホフれないので、居座って冷ビしてくれます。
そこにバンギを出して、ほぼ無償&天候変化の爆アドが取れる。

・・・というのを考えていたんだけど、
例えばトノがジュエルハイポン持ちだといくらバンギでもちと厳しい。
無論、スペックが高いので振ればなんとかなるけども。
しかしさらに面倒なのは、相手としてはここでニョロトノを失えば砂嵐を変えることが出来なくなるので、恐らく交代してくる。
それで交代してきた鋼・・・特にグロスやハッサムについて具体的な対抗策があるかというとないんですよね。
鉢巻馬鹿力とかも出来るけど、ニョロトノ居座りの可能性もも一応あるしなー・・・とか考えていると、
ハッサムをめざ炎で焼けてニョロトノの攻撃をほとんど半減出来るノオーが安定じゃないかなと思いました。
雨パはほとんどがオボンハッサムですし。かといってニョロトノに戻すのも無理ですからね。

また、ここまででこの2匹だとラティオス、あとはテラキのようなマンダが受からない格闘が重いので、ここでグロスを投入。
鉢巻持たせて鉢巻追い打ちでラティ狩れる&鉢巻バレパンでテラキ落とせるてな感じに。
トリック入れたかったので結果的にコメパンより一貫性の高い思念を採用しました。

まあいろいろ考えてみます。
いうてまだ時間あるしね。

外ではトルネロスが暴れまわってますが私は元気です。

おまけ

アニポケのメロエッタですけど、声優はランカの中の人で、コトネの声優も務めた中島愛さんだそうです。

メロエッタのキラッ★キラッ★ リサイタル てな感じですかね?w


ひさびさですねー・・。この手のものも。
懐かしかったので貼ってみた。



なんとHGSSジム戦のBW2アレンジ版を聞くことが出来ました!
それからオノノクスいじめカワイソス
あとはケルディオの「せいなるつるぎ」のエフェクトとか。

category: ポケモン育成論

tag: 個別ポケモン考察 
Posted on 2012/06/19 Tue. 12:46  edit  |  tb: 1   cm: 0  

我配信。ゆえに零度あり。 零度スイクン育成論 

だいぶ前に考えてた零度スイクンの配分。

すいくん
美しいし気に入ってるから使ってみたいけど、いまいち使い方がわからなくて、ボックスに放置状態って人も多いんじゃないかな。
実際、「ガブが狩れる」だけじゃちょっと採用理由的に厳しかったりする。


スイクンのすごいところはヤドランやブルンゲルでは届かないガブリアスなんかの鉢巻高火力ドラゴンを受けきれるところ。
タイプで受けている他の耐久ポケモンと違って、純粋に耐久で受けきれるこいつはすごいと思う。
ただ回復技がないので長持ちはしない方。
さらに鬼火や電磁波といった補助技も少ないのであまり器用というわけでもない。
目立った技は「追い風」くらい。

零度持ちスイクンはガブ狩りの他に「積みポケ狩り」も出来る。
積んできた物理ATに後出しして零度連打のクソゲー。
こちらは半端な攻撃じゃ落とせないので、零度の試行回数を3回もかせげれば、ほぼ確実に狩ることが可能。
具体的にはビルドレインのブシンとか。

さらに耐久ポケと零度クソゲーにも持っていける。
でもこれはあくまでも「最終手段」であって、あまりやりたくない。

なんだかうまくまとまらんけど、簡単に言うと「ガブに半思考停止で投げられ、メジャーな格闘と積みポケ(物理)に後出しできる」ということ。

というわけで配分。
H236B172↑C84D4S12↓@オボン

神速、零度、ハイポン、冷ビ
H:16n-1
HB:A182鉢巻ガブの逆鱗をオボン込確定2耐え、特化バシャの珠飛び膝も2耐え。
いじっぱガブは諦めろ。
HD:余りだけどそれでもラティの流星群は受かる。
S:S多めに盛ったグロスあたりまで抜ける配分
C:ネオ191ガブを冷凍ビ+神速でほぼ確定、珠テラキをハイポン+珠ダメで直葬

まあこんな感じになりました。
計算してみたけど火炎玉ブシンはハイポンで撃ち合うよりも零度を連打する方が安定するっぽいです。

鋼ポケではメタグロスの鉢巻思念の頭突きがオボン込みでなんと高乱数3耐えなので、零度を連打すれば狩ることが出来ます。
火力うんぬんを零度連打で打開出来るので、「受ける」のではなく、「狩る」ことが出来るのが強みですよね。

実際鋼と格闘に思考停止で投げれて零度連打で負担かけられるのはわかりやすく強い。
でも冷凍+神速やハイポン+神速でいろいろ狩るのも仕事なのをお忘れなく・・・

おまけ

これはひどいww
「手の込んだ手抜き」、ってやつですね。







category: ポケモン育成論

Posted on 2012/06/06 Wed. 18:01  edit  |  tb: 1   cm: 0  

唯一神vsでんせつポケモン 

ウインディ エンテイ 鉢巻 ハチマキ 配分 神速
えんてい        ぶーすたー              ういんでぃ
 /どっちを選ぶの?ねえどっちを選ぶの?\


ううう・・・ブースターちゃんゴメンよ・・・。

というわけで今回はエンテイとウインディについて。

※以下、すべて@鉢巻前提、エンテイはクラウンorWIN想定

この2匹はどちらも
・高火力フレドラ
・高い耐久でサイクルに参加出来なくもない炎タイプ
・高火力先制技の神速持ち
伝説()

という共通点を持つ。
PTにサイクルが回せる炎タイプが一匹欲しい、というときに選択肢として十分可能性があると思う。
でも実際はフレドラの反動とかもあって厳しいけど。

というより炎タイプのガモス、バシャは基本抜きgに持っていくので、それとは違う炎タイプもありなんじゃないかなーと。

ただ単に鉢巻神速がしたいならカイリューでもいいじゃん、というかもしれないけど、まず呼ぶ相手が違うのと、あとガモスに対して神速を打った時に炎の体の心配がないというのがある。

それで、いろいろ考えてみたところこいつらの違いは
・vsガモス性能
・インファイトの有無
この2点に纏められる気がしてきた。
言いかえるならば特殊耐久と攻撃範囲。

例えばエンテイはH180D172でガモスの控え目舞い珠めざ地を耐える。
あまりをAに振って神速を打つとH244ガモスでも高乱数2発で落とせるため、神速抜きgに持っていける。
対してウインディはD252とぶっぱしてもなおHに180振らないとこれが受からない。
これであまりをAに振ってもH4ガモスすら2発で落とせるか怪しいレベル。
つまりウインディはめざ地ガモスまで考えると安定してガモスに投げられない。

エッジなら落とせるじゃん、という話なんだけれども、やはり終盤は神速で抜いていきたくなるよ。

んで、対してウインディはインファイトがあるので何よりバンギに強く出れるという利点がある。
それから威嚇。これでウインディはH252だけでスカヘラのエッジレベルでも2耐えが出来るが、エンテイは70%ほど持ってかれてしまう。

そしてウインディの利点はもう一つ。
それはワイルドボルト。
鉢巻ワイルドボルトをB特化ヤドランに打ってみると、

攻: ウインディ Lv.50
防: ヤドラン Lv.50
ダメージ: 102~122
割合: 50.4%~60.3%
回数: 確定2発
2発で特化ヤドランレベルでも返り討ちに出来る。
ちなみにH振りだけのスイクンには65~77%入る。
このように、ウインディは鉢巻からの高範囲押しつけでさまざまな可能性がある。

というわけで、ここまでをまとめてみると、

・クラウンエンテイ
H180A156D172
フレドラ、神速、エッジ、なんか
・HD:ガモスの舞珠めざ地耐え
・A残り

・ウインディ
A252S調整残りH(ぉい)
フレドラ、神速、地震、ワイルドボルト

こんな感じかな。

ウインディの努力値はすいません;
ウインディの種族値は本当に中途半端にいろんなのを耐えるし耐えてほしいのを耐えるほどのスペックはないから調整に困る。
一応Sは、
・最速バンギ抜き:125←最低限
・最速ガッサ抜きor抜き抜き:135~6
・最速ドラン抜き:143
まあメジャーなのはここらへんでしょうかね。

耐久は威嚇込で割と足りてる感じだからSから調整を入りましょう。

エンテイはSに振るのはウインディ同様ご自由。ただガモスを意識するとSはスペック的に振る余裕はなさそう;

個人的に前々から使ってきたかった2匹なので軽くまとめてみた。
鉢巻フレドラの火力と神速の縛り性能でスペックは悪くないと思います。
まだまだワンチャンあるで。

というわけで今回はここらへんで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おまけ
そろそろネタがなくなってきたのはナイショ()



スマホで見た紹介したい動画とは違いますけど似た内容なので()

けっこうあってる。



category: ポケモン育成論

Posted on 2012/04/23 Mon. 20:41  edit  |  tb: 0   cm: 2  

ランターンの頭についてるあれはなんだか食えそう 

らんたーん
どうもNぷらす1です。
久しぶりですねw今回は久々に個別考察になります。

ランターンさん。
結構マイナーな部類になるんじゃないかなと。

水ロトムとの違いは地面に出せるか電気に出せるかの違い。
特に電気無効の水タイプという点は優れていて、ボルトロスや水ロトムなどのほとんどの電気を完封出来る。
草結びでほとんどダメが入らないのもよさげ。

耐久はHが高いけどそこまで硬いわけじゃない。振ればいろいろ耐えるけど、振らないと耐えない。
スペックは悪くないですけどどちらかに特化してはじめて活躍出来るポケモンですね。
たとえばBに補正をかければバシャのジュエル飛び膝やガブの鉢巻逆鱗、ブシンの根性ドレマッパも耐えられる。
Dに振ればラティオスやグドラの流星群に強くなる。
いずれにせよあまり役割を持たせすぎると努力値足りないのが目に見えてる。

Cは高くはないけど振ればガブリアス確定1やラティに交代読みで冷ビを当てていくことでラティを返り討ちに出来たりする。
ジュエルドロポンでカバを葬ったりと、いろいろ出来る子です。

今回重視したのはvs雨パ性能。
例えばニョロトノとの有利対面をつくったとします。
ここでこちらは冷ビ安定です。
なぜなら相手はおそらくボルチェン読みでガブが来るか、もしくはナットレイやラティオスなんかを投げるかのどちらかだと思われるから。
居座るにせよ滅びの歌くらいしか有効打はないですしね。

そこで一貫して冷凍ビを刺していく。
ここでこいつに必要なのは、
・冷凍ビで少なくとも無振りガブは確定1程度
 =無振りラティ確定2程度
・ラティが後出ししてきたときにタイマンで勝てるように、ラティのメガネ流星耐え

んでナットレイだったら次ターンにボルチェン、ガブラティだったら冷ビうまー。
カイリューがいるPTならボルチェンをニョロトノ対面で打ってくのが安定かな。
後続にはナットレイへのボルチェンから繰り出し、そこからナットレイ起点でヒャッハー出来るラムバシャやラムガモスなんか入れておくといいかも。

そんな感じでざっと考えた配分。

H12B4C220D228s44 控え目
HD:ラティのメガネ流星をひとつ乱数切って耐え
C:ラティを冷ビで確定2、無振りガブ確定
S:4振りグロス抜き抜きくらいだったかな?

冷凍ビ、ハイポンor波乗り、ボルチェン、10万Vor雷or不意打ち

これだと耐久に振ったガブなんかは耐えられてしまうので、氷のジュエルもアリだと思う。
ジュエルハイポンだとHDカバが75%で落ちてくれるが、せっかくなので身代わりドランや身代わりドリュにも強い波乗りを採用したいところではある。
不意打ちは読まれにくいwww襷ガブをプギャーに出来るね。
でも10万切ってでも入れる必要があるのか・・・。

スペックは悪くないと思うのでいろいろ考えていきたいポケモンです。

おまけ


これはいいMADです。
めちゃくちゃ面白い。

ちなみに公式のこの回は、このあとなぜかベルの父親がベルの旅を許すという謎の急展開になり、
強引にこの回を終わらせてますw
ベル「パパだーーいすき☆」
おまえら「イイハナシダッタノカナーーー」
まあベルがかわいいから許す。

では、ここらへんで。

category: ポケモン育成論

tag: 個別ポケモン考察 
Posted on 2012/04/16 Mon. 17:17  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。